読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほほん停留所

つぶやきのなりそこないの溜まり場

読書の記録をつけていて良かったこと

2013年から初めて4年の間読んだ本の記録をつけてて、色々と良かったことがあったのでちょっと書く

どうやって記録してるか

良かったことの前にまずはどうやって記録してるか。記録が出来ればなんでもいいと思うけど、自分は読書メーターというサービスを使っている

elk.bookmeter.com

簡単に呼んだ本を記録できて感想も書ける、また簡単なSNSにもなっていてお気に入りに追加した他のユーザーの読んだ本や感想なども見ることが出来て良い

f:id:Nonchalanttan:20170106040823p:plain

記録をつけてて良かったこと

記録をつけるとはデータを蓄積することなのでその人間の傾向などが見えてきて、それはそれで面白いのだがどっちかというと副作用的な良かったことについて書く。以下、良かったこと箇条書き

  1. 自分の好みの変遷を知れる
  2. 自分が普段読まないジャンルの本を知れる
  3. 読んだ本の他の人の意見が知れる
  4. 本がきっかけになって話題になる

1. 自分の好みの変遷を知れる

これは記録をつけているので過去のデータを遡れば当たり前なので省略

2. 自分が普段読まないジャンルの本を知れる

自分はミステリばっかり読んでて他のジャンルは全然わからないが、知り合いのSFマニアが読んだ本が読書メーターのTLに流れてくるので、ちょっと興味が沸いてくる。実際に会ったときにオススメ本を教えあって感想を話すのもかなり盛り上がれて良い。どうしてもAmazonだと同じジャンルのものしか出てこないので、便利なのだが他のジャンルには手が出しづらいので他人は偉大!

3. 読んだ本の他の人の意見が知れる

ミステリばっかり読んでるので、最後まで読んだときに「これ、みんな納得してるの!?自分の頭が悪いだけ!?」と思ってよく感想とかを探すのに検索していた。ただ、そういうのも読書メーター上で完結できるので良い

4. 本がきっかけになって話題になる

読破した本をTwitterに連動させて流すことができるので、前に知り合いから「これ面白いよねー」とリプがきてそれが話題になって会話が弾んで楽しかった。個人的にその知り合いの方はその本を読むタイプだと思っていなかったので、かなりビックリした印象。ついでにオススメ本も教えてもらったのでラッキー!

まとめ

他のジャンルに手をだすキッカケになってほしいので自分も本を勧めておく。どちらもかなり読みやすいミステリ物なのでオススメ

ロートレック荘事件 空飛ぶ馬

読書は基本的に1人でするものだと思っているが、記録をつけるのとそれを公開すればそれが話題になって他人との交流が深まりかなり良かったなと感じた。ハッピー読書ライフ!!

今まで読んだ本をひたすら読書メーターに登録するのはかなりツラかった、なぜ今後読む本だけにしなかったのか...